05年10月10日 大田区産業プラザPiO
耳キャラONLY同人誌即売会「みみけっと13
絶対領域オンリーイベント「素敵空間
イベントレポート

 はい、てなわけで行ってきました。
 耳キャラオンリーの「みみけっと」と、絶対領域の「素敵空間」。
 その前に、”絶対領域”って何?
 と、思う方もいらっしゃると思いますので、ここで補足。

絶対領域(ぜったいりょういき)
『名詞』
ミニスカートとニーソックスとの間に挟まれた[ふともも]部分のこと。
白く眩しい神の領域とたたえられ、神聖不可侵の聖域とされる。
 →(関連)ニーソックス、マルチ、タマ姉、etc
                    〜世界ニーソ連盟より一部抜粋〜


 つまり、言い換えればニーソックスオンリーということですね。
 今回はみみけっとがメインでしたので、ニーソはおまけ程度に考えてましたが…。
 かなり有力なサークルさんがそろってたおかげで、どちらもイベントも収穫は大きかったです。
 そんなイベントでの購入物をご紹介。

 これが、みみけっとの戦利品。
 一部、先日行われたコミコミの新刊も混ざってるのはご愛嬌。
 お気に入りのサークルである「LALASTUDIO」さんと、「こもれびのーと」さんの新刊が買えて満足。
 あとは、期待してた耳本合同誌の「みみくしぃ」だけど、ちょっと内容がイマイチで残念…。
 澤木沙樹さんのイラストとかは好きなんですけどね。
 そんなみみけっとでしたが、今回一番の収穫だったのが、うみねこ亭さんの新刊「東方猫弾誌」(ねこだまし)。
 表紙の橙もさることながら、中に収録されてた和服のうどんげがかなり高ポイント。
 そうか…、こういう方向性もあったか…。
 く…やるじゃない!
 そんな感じに、みみ分をたくさん補充できました。
 
 次に、素敵空間の戦利品。

 まず紹介したいのが、ニーソ合同誌の「BOUNDARY」。
 雑誌をパロった表紙と裏表紙がいい感じです。
 ”Windows Knee”とか、”美しさはいつもニーソックスから生まれる”といったキャッチコピーもグットw
 次に紹介するのは、素敵空間のカタログ表紙も担当したKEIさんの新刊、「ぜったいりょういきぼん」。
 この方の絵は好みが解れるところでしょうけど、僕は好きですね。
 ただ、欲を言えば、今回の同人誌は、是非フルカラーで見たかったです。
 お次は、みみけっとにも参加してました、うみねこ亭さんの新刊「素敵幻想半霊領域」。
 まさか、こっちでも新刊を用意していたとは…!
 ニーソの妖夢に敬礼!
 そして、最後に紹介するのは、今回のイベントでイチオシの一品。
 Cradleさんの新刊「no concept/but good sense
 まず驚きなのが、その本の形状。
 A4ペーパーフォルダの中に、フルカラーのイラスト本が2冊収納されてました。
 (↑の写真では、フォルダの上に本を広げて並べてあります)
 すごく凝ってますね…。
 デザインのセンスがすばらしいです。
 収録されてるキャラも、当然のごとく全員ニーソ。
 タマ姉はマジ必見。
 なんてったって、イベント会場で、等身大ポップになって展示されてたくらいですからね。
 
 これは、絶対領域どころの騒ぎじゃないですよ…。
 また、タマ姉以外にも、
 
 凛も展示。
 これも、Cradleさんの新刊に収録されてました。
 写真だと伝わりにくいけど、質感がすごかったです。
 また、Cradleさん以外にも、

 いろんな作家さんによるニーソキャラが提示されてました。
 これが…絶対領域の力…。
 あなどれませんな…。
 
 
 てなわけで、以上でイベントのレポは終了です。
 みみけっとの方が本命でしたが、絶対領域の世界もいい経験になりました。
 これは次回もあったら、是非参加してみたいですね。
 それでは。